アロー教育総合研究所

大学改革、学生募集要項・広報戦略の一案をご提案します。

アロー教育総合研究所は、大学・短期大学、受験生および保護者のみならず、将来の学生である、小・中・高校生や産業界など、社会全体といった広い視野から大学・短期大学の未来を考察し、現状を分析していく機関です。50年後、100年後といった教育の連続性と教育本来の使命を背景に、高等学校進路指導教員を含む幅広い情報収集ネットワークを備えている点が特色です。広角度な視点からの分析と考察を基に、大学・短期大学の教職員、高等学校における進路指導に関わる様々な情報を提供します。
 
アロー教育総合研究所 事務局
東京都千代田区神田小川町3-8(アローコーポレーション内)
TEL.03-3259-5090 FAX.03-3259-2852

設  立

2006年4月

研究対象

大学を取り巻くさまざまな課題・問題

高校生のキャリア形成に関する諸問題

青少年にまつわる社会的諸問題

研究活動

ティーンエイジャーを中心とする世代キャリア形成へ向けた志向・動向分析

社会状況分析を加味した大学入試における志願動向分析

大学改革・運営に関するコンサルティング活動

大学・高校・中学に対する広報コンサルティング活動

高校生に対するキャリア・進学講座の実施

大学進学希望者に対する進学・教育相談、カウンセリングの実施

保護者に対する教育相談、講演の実施

カウンセラー活動を基盤とした青少年層の志向性の把握

 大学向けセミナーの実施

偉い教授のありがたい講義をひたすら聞くだけ。一昔前にはよく見られたこういった光景は姿を消しつつあります。大学の授業が進化したように、大学職員の皆様が学ぶセミナーも面白くて役に立つものでなければならない。偉い人の長々としたお話を聞くだけの退屈なセミナーに、私たちは退場宣言をします。新しい入試広報は新しいセミナーから生まれる。アロー総研セミナーにぜひご期待ください。

過去セミナー実施テーマ

2006年 「いま進路指導室で。」

2007年 大学進学における保護者のニーズの背景を探る。

2008年 新たな受験生層の獲得と対応。

2009年 これからの大学案内を考える。

2010年 保護者の大学選びに関する意識と、入試広報の課題。

2011年 本格的な少子化に向けて、今、大学は何をすべきか。

2012年 強い大学案内の作り方

2013年 高校教員徹底研究

2014年 Back to the 2018大学案内イノベーション

2015年 高校教員サミット エリア別高校攻略研究

2016年 2020年の挑戦 大学案内調査プロジェクト3.0

2017年 サイバーブートキャンプ2018 新しい教育のカタチ 

大学案内調査プロジェクト

「2020年大学入試改革」を見越し、求められる大学案内を考察します。

アロー教育総合研究所では、アローコーポレーショングループ(株式会社アローコーポレーション東京本社・関西支社/株式会社アネスタ)の協力のもと、大学・短期大学が発行する大学案内について各種調査を定期的に実施しています。直近の2016年度版調査では、間近に迫る2020年大学入試改革に向けて、大学案内パンフレットをはじめ入試広報はどうあるべきかを考察しました。「入口」の変化と本格化する18歳人口の減少、そしてより強く問われる高等教育機関としての使命。2020年という「外圧」に大学はいかに立ち向かうべきか。大学案内と高校生の「今」をご報告するとともに、大学入試の新時代に求められる大学案内の姿を提案しています。

大学広報ご担当者向けの小冊子です。
閲覧ご希望の方は担当営業まで
お申し付けください。